タイヤの知識

  • タイヤの働き
  • タイヤの表示
  • ホイールアライメント
  • ロープロファイル化

タイヤの4大機能

タイヤはクルマの足として特別な役割を担っています。
さまざまな種類のタイヤも、すべて基本的機能のバランスを確保したうえで、クルマの高性能化や社会環境、使用条件に応じた性能特性を与えられて開発されています。

荷重支持機能

重みを支えます。
車体や乗員・積荷の荷重を支える働きです。

制動・駆動機能

パワーを伝えます。
エンジンからの駆動力を路面に伝えて発進や加速・減速させたり、ブレーキのパワーを路面に伝えて車体を制動させる働きです。

緩衝機能

ショックを吸収します。
走行中に路面の凹凸によって発生する衝撃を吸収して、緩和する働きです。

進路保持機能

方向を転換・維持します。
行きたい方向に曲がったり、直進を保つ働きです。

タイヤの4大機能にプラスされる3つの基本性能

1. 経済性

耐摩耗性・ころがり抵抗の低減

2. 安全・耐久性

耐外傷・耐衝撃性・耐疲労性・耐熱性

3. 居住性

タイヤの騒音や振動(N.V.H)の低減
N:ノイズ V:バイブレーション H:ハーシュネス
さらに最近では、環境性能も重視されてきています。
ころがり抵抗の低減 → 燃費の向上 → CO2の排出量低減

タイヤサイズの表示

タイヤ側面には、サイズ・構造・ブランド名などの情報が表示されています。

  • 断面幅の呼び(mm)
  • 偏平率の呼び(%)
  • タイヤ構造記号(ラジアル)
  •  リム径の呼び(インチ)
  • ロードインデックス
  • 速度記号
  • 断面幅の呼び(インチ)
  • タイヤ強度(プライレーティング)

ラジアルタイヤ(ISO表示)

ラジアルタイヤ(従来の表示1)

ラジアルタイヤ(従来の表示2)

バイアスタイヤ

偏平率

偏平率は80>70>65>60>55>50>45>40(%)と小さくなるほど、タイヤの高さに対してタイヤ断面幅が広くなることを示します。

ロードインデックス(LI・過重指数)

ロードインデックスとは、タイヤ(一本)にかかる重量を支える能力(最大)を負荷能力といい、この負荷能力を指数であらわしたものがロードインデックス(LI)です。
ロードインデックスは、タイヤサイズの中に表示されています。

ロードインデックスと負荷能力の関係

LI荷重(kg)LI荷重(kg)LI荷重(kg)LI荷重(kg)LI荷重(kg)
76 400 88 560 100 800 112 1120 144 2800
77 412 89 580 101 825 113 1150 145 2900
78 425 90 600 102 850 114 1180 146 3000
79 437 91 615 103 875 115 1215 147 3075
80 450 92 630 104 900 136 2240 148 3150
81 462 93 650 105 925 137 2300 149 3250
82 475 94 670 106 950 138 2360 150 3350
83 487 95 690 107 975 139 2430 151 3450
84 500 96 710 108 1000 140 2500 152 3550
85 515 97 730 109 1030 141 2575 153 3650
86 530 98 750 110 1060 142 2650 154 3750
87 545 99 775 111 1090 143 2725 155 3875

スピードレンジ(速度記号)

タイヤがそのロードインデックスにより表示された質量を負荷された状態において、走行可能な最高速度を記号によって表したものです。

タイヤ構造タイヤ表示タイヤ構造
速度記号速度カテゴリー
ラジアル L   120
Q   160
S SR 180
H HR 210
V   240
  ZR 240超
W   270
Y   300
(Y)   300超

※速度記号が表示されていないタイヤの場合

ラジアルプライ

  • 160km/h

バイアスプライ

  • リム径10インチ 120km/h
  • リム径12インチ 140km/h
  • リム径13インチ以上 150km/h

高性能タイヤの回転方向や装着位置を示す表示

方向性のあるトレッドパターンを持つ乗用車用タイヤには、回転方向を示す「ROTATION」の文字と、矢印が表示されています。排水効果を向上させ、運動性能でも優れた性能を発揮させるためのものです。

内側と外側のトレッドパターンを変えて、総合性能を高めているタイヤには、左右非対称パターンであることを示す文字や記号が表示されています。
外(OUT)側でドライ性能を、内(IN)側でウェット性能を発揮する非対称方向性パターンのタイヤには、その両方の文字や記号が表示されています。

その他の表示

ラジアルタイヤには「Radial」の文字が表示されます。
チューブレスタイヤには「Tubeless」の文字が表示されます。
冬用タイヤには「Snow」の文字、またはM+S、M・S、M&S、M/S(マッド&スノー)の文字が表示されます。
軽トラック用タイヤには「UltraLightTruck(ULT)」、小型トラック用タイヤには「LightTruck(LT)」の文字またはその種類を表す記号が表示されます。
トラックおよびバス用タイヤのうち、深溝タイヤには「ExtraHeavyTread」又は記号(EHT)。浅溝タイヤには「HighWayTread-J」またはそれを表す記号(HW-J)が表示されます。

ホイールアライメント

タイヤはホイールとセットされてクルマに取り付けられ、サスペンション機構として足まわりを構成しています。
とくに前輪のホイール(タイヤ)には、車体と路面に対して接地性や操縦安定性を維持するために、下記の4種類の異なる角度が設定されています。これをホイール・アライメント(Wheel Alignment)といいます。

キャンバー

荷重がかかることでホイールが下開きしないよう(ハンドルが重くならないよう)、あらかじめ上開きにしてあります。

ポジティブ・キャンバー
前から見て逆ハの字型(通常の設定)

ネガティブ・キャンバー
前から見てハの字型(特殊な設定)

※過度のポジティブ・キャンバーの設定はタイヤの外側を早く摩耗させます。

トー角度

ポジティブ・キャンバーのある前輪は、そのままだと走行中に前開きになろうとする(キャンバー・スラスト)傾向があるので、直進性を保つためにあらかじめ内股状態(トー・イン)に調整してあります。
過度に設定するとタイヤはフェザーエッジ摩耗します。

キャスター角度

ポジティブ・キャンバーのある前輪は、そのままだと走行中に前開きになろうとする(キャンバー・スラスト)傾向があるので、直進性を保つためにあらかじめ内股状態(トー・イン)に調整してあります。
過度に設定するとタイヤはフェザーエッジ摩耗します。

SAI(操向軸)角度

路面からの入力によるハンドルのとられを減少させるため、前輪軸を前車軸に連結するピン(ボルト)に付ける傾斜角度のことです。

ホイール・アライメント・テスター

ホイール・アライメントは、タイヤ、ホイールをインチアップしたり、前輪を縁石にぶつけたりすると微妙に狂います。操縦安定性の維持とタイヤの異常摩耗を防ぐためにホイール・アライメント・テスターで点検し、調整をしましょう。リアタイヤにもアライメントが設定されているクルマが多くなっているため、前輪後輪すべてのアライメント・チェックが必要です。

ステア特性

アンダーステア

旋回円の外側に外れていくため、ハンドルを切り増しする必要のある旋回特性です。一般に、弱アンダーステアが安定性が良く操縦性が良い(ドライバーにとって安全である)といわれています。

アンダーステアになる要素
前輪タイヤCP<後輪タイヤCP

オーバーステア

旋回円の内側に外れていくため、ハンドルをもどす必要のある旋回特性です。

オーバーステアになる要素
前輪タイヤCP>後輪タイヤCP

ニュートラルステア

走行速度に関係なく元の旋回円を走行する特性です。

ロープロファイル化

クルマをドレスアップする時の基本ともいえるロープロファイル化(偏平化)。
一般的にはインチアップと呼ばれています。
ドレスアップ効果も当然ですが、走行性能の向上も大きな魅力です。見た目には内径が大きいほどカッコいいのですが、他の性能が犠牲になる場合もありますので、ドレスアップ効果と走行性能・快適性能、さらにクルマとのマッチングを考えてサイズを決めていただければ、きっと満足がいくインチアップができるでしょう。

ロープロファイル化の際の留意点

ロープロファイル化は、コーナリング・フォースが大きくなり、ころがり抵抗も少なくなるので、タイヤの運動性能の高性能化と言えます。また同じ外径のタイヤで偏平にするほど断面高さは低くなり、ホイール径は大きくなるのでファッション性が増すことにもなります。

高速操縦安定性の向上
コーナーリング性能の向上
駆動・ブレーキ性能の向上
※デメリットとしては、乗り心地などの快適性が低下しがちです。

ロープロファイル化の際の留意点

  1. タイヤの外径を合わせる(合わせないとメーターが狂います。)
    ※カタログのタイヤサイズ対応表などを参照して下さい。

  2. フェンダーなどとの接触や、回転部分の突出がないことを確認する
    ※停止状態ではなく、荷重が大きいときや、バンピング時でも接触しないことを確認します。

  3. タイヤの荷重指数(ロードインデックス)が標準装着タイヤより低下しないこと

  4. サスペンション剛性とのバランスを崩すようなロープロファイル化は避けること
    ※足回りトータルでのバランスが大切です。

フェンダーからの突き出しを確認します。
Facebook1 Facebook2 知立店 class= k-oneブログ お得な情報も情報発信中 K-oneでタイヤを買うとなんだかウレシイ。その理由とは? パーツ紹介 スタッフ紹介 cs2タイヤ