タイヤ選びのポイント

タイヤ選びをする時は

「傷のついたタイヤや、すり減ったタイヤを使用するのは大変危険です!」
という事は、改めて言われるまでもなくみなさんよくご存知だと思いますが、実際にはかなり危険な状態になるまでタイヤを使用し続ける方もいらっしゃいます。車はハガキ4枚分の面積で支えられています。タイヤ1輪に対してハガキ1枚分の接地面しかありません。定期的に、自分の目でタイヤをチェックする事をおすすめします。

タイヤ交換のタイミング

タイヤ交換の目安としてスリップサインが出てきたら交換時期と言われていますが、ほとんどの場合タイヤは均等には減りません。スリップサインが出ていなくても一番溝が浅くなっている部分が2ミリをきったら変えた方がいいでしょう。(新品時は乗用車用で約8ミリ)均等に溝を減らすコツは前後輪のローテーション(5000キロ毎)と空気圧設定です。空気圧はパンクしていなくても徐々に減っていきます。少な目の空気圧だとタイヤの両端が減りやすくなります。真中の溝が残っているのに両端がつるつると言うケースは非常に多いです。逆に多めにいれると両端は減りにくくなります。

タイヤ選びをするときの参考

グリップ力 排水性 剛性 乗り心地 静粛性 寿命 価格
全ての項目において100点満点というタイヤは存在しません。なぜならグリップ力とライフはおおよそ反比例しますし、排水性と静粛性、剛性と乗り心地なども完璧な両立は難しいからです。つまりどの部分かは目をつぶり、自分の希望に合うタイヤを見つける事がタイヤ選びのポイントになります。項目別のポイントを紹介しますのでご参考下さい。

価格

同じタイヤサイズでも、最も高いものと安いものでは倍くらいの差があります。タイヤはみんな黒くて丸くて、差が分かりにくいと思いますが、車のパーツの中でも最も性能の違いを体感できるものの一つです。車種や用途にあったタイヤを、より安い価格で購入するためには、各タイヤの性質を良く知る必要があると思います。

グリップ力と寿命

高速道路のようなカーブが多く、スピードものる道を頻繁に使う方は、グリップの良いタイヤを選択した方がより安全です。グリップ力があるタイヤは、柔らかいコンパウンドを使用しているため減りが若干早い傾向があります。寿命の要素としては、他に新品時の溝の深さがあります。特にショルダー部分ではタイヤによって30%くらいの差があります。ミニバン用タイヤはもとから溝が深くなっています。

排水性と静粛性

排水性を良くするためにはタイヤの溝をより太くすればいいのですが、そうすると静粛性が損なわれてしまいます。特に横方向に太い溝が入っているタイヤはうるさいです。過去にはびっくりするくらいうるさいスポーツ系タイヤもありましたが、最近のタイヤの傾向としては、縦方向には太い溝、横方向には細い溝と、静粛性を損なわないように排水性を良くする工夫がなされています。

剛性と乗り心地

コーナリングの時にしっかり踏ん張ってくれるのは剛性の高いタイヤです。剛性が高いタイヤは細かい段差も拾ってしまい少しゴツゴツします。剛性の低いタイヤは乗り心地はいいのですがコーナー時にはタイヤがよれやすいのでミニバンや車重のある車には向きません。

タイヤのカタログ

お客様がタイヤの性能を比べる場合、カタログやメーカーのホームページをご覧になると思います。ある程度の参考にはなると思いますが、他メーカーとの比較やそのタイヤの悪い所などは書いてないので、比較は難しいと思います。こちらのホームページではメーカー別の性能比較を記載しておりますのでご参考下さい。タイヤの見積もりもこちらからできますので、宜しくお願い致します。

価格のトリック

タイヤを交換するときにかかる費用には、タイヤ代・工賃・廃タイヤ処分料があります。
A店・・・「タイヤ4本で36,000円です」 B店・・・「全て込みで42,000円です」
と言われた場合A店の方が安く思われがちですが、もし工賃1,500円・廃タイヤ処分料300円であればA店の金額は消費税込みで43,560円となります。見積りを取るときは以上のような点に注意してください。お見積もりは工賃や廃タイヤ処分料など全て込みで比較する事をおすすめします。タイヤという商品の場合、単体の金額や工賃などの内訳は、実はあまり意味を持ちません。

Facebook1 Facebook2 知立店 class= k-oneブログ お得な情報も情報発信中 K-oneでタイヤを買うとなんだかウレシイ。その理由とは? パーツ紹介 スタッフ紹介 cs2タイヤ